雨の朝霧高原、子供と遊べる富士花鳥園のベゴニアの魅力

こんにちは^^

子供達の春休みもまもなく終わってしまいますが、あっという間にみんなが大好きなGWがやってきます!

スポンサーリンク

GWといえば旅行やキャンプですよね、毎年GW中は富士山の麓にある朝霧高原にも各地から多くの人が訪れます

朝霧高原は富士山の素晴らしい景色を堪能できるポイントばかりで私も大好きな場所の一つです

そんな朝霧高原ですが標高が高いこともあり、天候が不安定で突然天気が変わってしまうこともよくあります

『突然の雨で予定が…』

『せっかくの景色が見えなくてがっかり…』

そんな気持ちになってしまいますが、大丈夫です!

富士花鳥園なら天候不順でも十分に家族みんなで楽しめること間違いありません^^

そんな雨の日でも楽しめる富士花鳥園の魅力を、花の美しさから躍動感あふれる鳥の魅力まで順番にお伝えしていきますのでどうぞ最後までお付き合いください

見渡す限り花の世界

富士花鳥園は静岡県富士宮市北部の広大な朝霧高原にあります

中へ入ると目の前に色とりどりの『極大輪球根ベゴニア』で作られたベゴニア富士山がお出迎えしてくれます

s_DSCN0684

球根ベゴニア:以下ヤサシイエンゲイより引用

ベゴニアは熱帯~亜熱帯に1000種以上が分布します。その中でもアンデス山系に分布する数種の球根性ベゴニアを掛け合わせてつくられた品種が球根ベゴニアと呼ばれます。その特長はなんと言っても、きれいに整った花姿とその大きさが醸し出す豪華さ、豊かな花色が演出する美しさにあります。

大人の身長をはるかに超えるベゴニアの山は一見の価値あり、富士花鳥園のベゴニアはベゴニア富士山だけでなく至るところにベゴニア咲き乱れています、その数およそ1200株

そして何より驚いたのが全ての花が満開だということ、スタッフの方の話を聞いてみたところ1年中この満開の状態を保っているそうです、この全ての花への徹底した管理は見事の一言です

もちろん花の見所はベゴニアだけでなく天井を見上げれば一面花だらけ、壁を見渡せば一面花だらけと見渡す限り花に囲まれた世界はこの上ない感動を味わえます

s_DSCN0738 s_DSCN0686

もしかしたら家族の中には花に興味のない方もいるかもしれません、花好きな男の子なんてあまりいませんからね

私も息子も特に花が好きなわけではないのですが、そんな私たちでもハウスに入った瞬間に漂う花の香りにまず驚きました

画像では匂いが伝わらないのが残念ですが、色とりどりの鮮やかな世界とやさしい雰囲気の花の香りは疲れた心を癒す効果があることを身を持って実感しました

『花っていいものだなぁ』

息子と二人で思わず口にしていましたね^^

スポンサーリンク

世界のフクシアとオリジナルのアジサイ

富士花鳥園はベゴニアだけでなく約300種類もの世界各国のフクシアを楽しめるのは富士花鳥園だけ、また掛川の姉妹園である加茂花鳥園(掛川花鳥園)で品種改良されオリジナルに栽培されたアジサイを厳選した『加茂セレクション』なるアジサイも多く展示しています

スクリーンショット 2016-04-07 12.18.42 スクリーンショット 2016-04-07 12.18.58

 

 

まるでお花の中のレストラン

そして花に囲まれた中で食事を楽しめるのも富士花鳥園の魅力です

s_DSCN0728 s_DSCN0729

このような雰囲気の中での食事はお花好きの人にはたまらないでしょう

メニューもB級グルメでおなじみの富士宮やきそばをはじめ、新鮮なしらすを堪能できるしらす丼やオリジナルの花鳥園定食など豊富に揃えてあり、価格も1,000円程度とリーズナブルなのも嬉しいです

とても暖かくて居心地のいい雰囲気

まずは最初は花鳥園のお花を中心に紹介しました、この日は小雨と濃霧で周囲の景色は一切見えず気温も低かったので厚手の上着が必要なほどでしたが、ハウスの中はとても暖かいので小さなお子さんが一緒でも安心して過ごせます

花の香りと美しさでとてもリラックス効果が高く、外の天候を一切忘れるぐらいとても居心地が良かったです

ハウスの中は一年中同じ温度を常に保っているので季節や天候に左右されることなくいつでも同じように楽しむことができるのも嬉しいですね

まず最初は雨でも楽しめる富士花鳥園、ベゴニアの魅力をお伝えしました

よろしければ、ペンギンと猛禽類の躍動感編も見てみてくださいね

【雨の朝霧高原、子供と遊べる富士花鳥園のペンギンと猛禽類の躍動感】



富士花鳥園について

所 在 地: 静岡県富士宮市根原480-1
T  E  L : 0544-52-0880
営業時間 : 〈夏季〉4月1日~11月30日まで 9:00-17:00 入園受付締切16:30
       〈冬季〉12月1日~3月31日まで 9:00-16:30 入園受付締切16:00

休 園 日 : なし
駐 車 場 : 無料  普通車300台

富士花鳥園までのアクセス

  • 東名富士インターより約45分
  • 新東名 新富士インターより約45分
  • 西富士道路を経由し、「もちや」から5km北上した道路沿い富士山側※休日は道路が混みあうのでご注意ください。

富士五湖方面から

  • 中央道河口湖インターより約40分
  • 道の駅「朝霧高原」から白糸の滝方面へ2km南下した道路沿いの富士山側

以下、富士花鳥園公式HPより引用

スクリーンショット 2016-04-07 19.57.27

国道139号線沿いに位置してますので非常に分かりやすいかと思います、大きなフクロウの看板が目印です

富士花鳥園、鳥の魅力編もぜひご覧ください

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です