子供の肥満、小学生にダイエット?肥満児だった私は反対します

こんにちは^^

今回は子供の肥満について『肥満児として育った私』が小学生のダイエットについて考えます

子供の肥満体型に悩んでいるお母さんの参考になれば嬉しく思います、どうぞお付き合いください

スポンサーリンク

子供にダイエットさせる前に

お母さんが作ったご飯を子供が美味しそうにたくさん食べてくれると嬉しいですよね

『これ以上太って欲しくない、食べ過ぎは良くない』そう思っていても、美味しそうに食べてる子供に『食べるな』とはなかなか言えません

それでもダイエットさせなきゃ、そんな気持ちからついつい子供に食の制限や運動を強要したりしていませんか?

だとしたらちょっと止めてあげたほうがいいかもしれません、子供に体重の減量を強要するのはあまりに可愛いそうです

そして全く意味がありません、それどころか逆効果でもっと肥満を加速させる可能性すらあります

体重の減量よりも『何故太ってしまったのかその原因』を突き止めることが先です

言うまでもなく太る原因は食べ過ぎです、消費カロリーよりも摂取カロリーが多いのが直接の原因なのは間違いありませんが、太ってしまった原因を探る前にちょっとだけ小学生の日常生活を振り返ってみましょう

小学生の学校生活

小学生の移動手段は基本徒歩です、通学路の距離は様々ですがそこまでの差はありません

学校に着いたら朝の運動や体操を元気よくやっていますよね、体育の授業もほぼ毎日あります

昼休みともなれば外で遊ぶこともあるでしょう、そして授業が終われば教室の掃除

座学の授業以外は体を動かすことの方が圧倒的に多いですよね、放課後は外で元気よく遊ぶ子もいます

そして食事はこの上なくバランスの考えられた給食です、おやつも給食にちょっとついてくる程度で甘いジュースもありません

サッカーや野球だけでなく、水泳・体操・ミニバスケット・ドッヂボールなどの体育系の習い事へ通っている子もたくさんいます

どう考えても大人より健康的な日常を過ごしています、そして何より成長期ですから栄養をどんどん吸収して体は強くたくましくなっていきます

つまりどの子も基本的には大人よりよっぽど健康的に体を動かす日常です

運動しているのに太ってしまう子供

サッカーや野球を習っている子供のなかでもたまに太っている子供を見かけることがあります

野球チームの友達にも一人肥満体型の子がいます、私の甥っ子も肥満体型です

同じ学校生活を送り学校以外にも運動をやっています、甥っ子は体操・水泳・テニスと一般的な小学生より運動量は多いのですがどちらの子も結構な肥満に悩んでいるようでした

そして私自身も保育園〜小学5年生まで水泳に週3回のペースで通っていましたが学年で一番太っていました

私は肥満を武器にできるような性格でしたがそれでも結構悩みました、なので肥満体型の子供の気持ちがよくわかります

そしてお母さんたちは決まっていうのです

『運動してるのに痩せない』

どうやら痩せない理由は運動習慣ではなさそうですよ

スポンサーリンク

お家での日常生活はどうでしょう

家にいる時はどうなんでしょう?

学校から帰ってきておやつを食べる子もいれば食べない子もいます

家で宿題をやる子、塾や習い事に通っている子、特に何もしないでゲームをやっている子、友達と外で遊ぶ子

放課後の過ごし方も子供によってそれぞれですが、夕飯までの時間にそれほど食べているとは考えにくいですよね

いずれのケースにしても夕飯は家族と一緒に食べます、家族と同じものをどれくらいの量を食べるのかも家庭によって違いますのでもし食べ過ぎの原因があるのなら家での夕飯の可能性があるのかもしれませんね

日常生活を振り返ってみて

一般的な小学生の日常生活を簡単に振り返ってみましたが、運動習慣については小学生の内は問題ないことは明らかです

普通の学校生活を送っていれば太る原因の一つとされる『運動不足』は考えにくいです

そうなると太る原因はやはり食べ過ぎなのでしょうが

実は本当に考えなくてはいけないのは食べている量や質の問題ではありません

『何故食べてしまうのか?』です

その食べてしまう原因についてはこれからも考えていきますのでまたお付き合いください

ここまで読んでいただきありがとうございました m(_ _)m

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です