マーモットトレイルウインドフーディ本気でムレないウインドジャケット!

こんにちはっ!

ランニング用にマーモットのトレイルウインドフーディーを購入して約3ヶ月が経過しました。

このウインドジャケットで走る前は透湿性のない普通のウインドジャケットで満足していたのですが、もう戻れません。笑

 

それくらい透湿性のあるウインドジャケットが気にいりました。

今回はぼくの愛用するマーモットのランニング用ウインドジャケットを紹介。

トレイルウインドフーディーの優れているところ、惜しいところについてみなさんの参考になれば幸いです。

どうぞ気軽にお付き合いください。

スポンサーリンク

Marmotトレイルウインドフーディーのここが優秀!

アウトドアブランドとして人気の高いマーモット、

カリフォルニアに本社を置き、世界27カ国に製品を提供するほどの老舗企業。

ウェアの性能はもちろん、デザインもカラフルでおしゃれ。

マーモットウェアは男女問わず人気のアウトドアブランドです。

 

カラフルなデザインがおしゃれ

ランニングもおしゃれを楽しみたいですよね♪

マラソンなどイベントはおしゃれランナーがたくさんいます、

イベントに合わせてウェアのコーディネートをあれこれ考えるのも楽しみのひとつです。

トレイルウインドフーディーは5色のカラー展開。

  • グラシェグレー
  • グリーンライム
  • コバルトブルー
  • ブラック
  • チームレッド

 

今回紹介するのは〝コバルトブルー〟

トレイルウインドフーディー

光沢のある艶めいた明るいブルー、

ブラックやグレーといった暗めのランニングタイツやパンツにもぴったりマッチ。

光沢のあるカラーなのでナイトランでも認識しやすく、

トレイルウインドフーディー

前後にプリントされているマーモットロゴが光を反射して視認性もバッチリ!

この明るいカラーがランニング気分をいつも盛り上げてくれます。

 

薄くて軽い、そして柔らかい着心地

重量約135gと軽く、素材は特殊加工されたポリエステル。

とてもサラサラした肌触り、例えると薄くて軽いシルクのような感じですかね。

 

半袖シャツの上にトレイルウインドフーディーを羽織ることが多いのですが、

ランニング中の汗で肌にピタッとはりつくあの不快感を感じたことはいちどもなく、

ウインドジャケットにありがちなシャカシャカ感やゴワつきも一切感じません。

 

速乾性能が素晴らしい!

驚くほどすぐに乾きます、というか驚きました。笑

とても薄いのであたりまえかもしれませんが、それにしてもはやい!

とくに洗濯後はこの速乾性のありがたさを実感します。

脱水後であれば約10分程度干すだけで問題なく着れるほど。

洗い替え用のウインドジャケットを持っていない僕にとってこの速乾性は嬉しい限りです。

スポンサーリンク

コンパクトなパッカブル使用

トレイルウインドフーディー

縦が約15cm、横が約22cm。

薄い素材なのでとてもコンパクトに収納可能。

胸のポケットをひっくり返して折りたたむだけなので持ち運びに便利です。

でも、このサイズではウエストポーチに入るかちょっとビミョー。

トレイルウインドフーディー

このように輪ゴムを使えばかさばることなくウエストポーチにも収納できますね。

 

ムレないベンチレーション機能

トレイルウインドフーディー

これがトレイルウインドフーディーの大きな特徴。

このように脇の下のグレーの生地全体がストレッチ性のあるメッシュ素材。

このメッシュベンチレーションが抜群の通気性を確保、

ランニング中にムレの不快感を感じたことは一度もありません。

 

そして伸縮性のある素材なのでランニング中はもちろん、

ランニング後のストレッチでも体の動きを邪魔しないのでとても快適です!

腕が動かしやすいのはランナーにとって嬉しいですね。

 

ここが惜しいMarmotトレイルウインドフーディー

優秀な点の多いトレイルウインドフーディーですが、ちょっと惜しい点もあります。

ぼくが使用する分にはさほど差し支えはないのですが、

〝惜しい〟と感じた点がありますのでそちらも紹介します。

 

持続しない撥水性能

トレイルウインドフーディー

仕方のないことかもしれませんが、撥水性能は写真のとおり。

水に濡れた瞬間こうなります…。

 

最初の頃は〝スゲー弾くぜっ!〟

とウキウキしてわざと濡らしてはしゃいでましたが、1ヶ月もちませんでしたね。

使用頻度も高く、洗濯の回数も多いので当然といえば当然なのですが…。

 

ぼくは悪天候では使わないので問題ありませんが、撥水性能に過度の期待は禁物です。

撥水性を求めるのであれば撥水スプレーを用意したほうが良さそうですね。

 

リフレクト素材が…

トレイルウインドフーディー

このように剥がれてきました…。

ぼくの〝使用頻度と洗濯頻度のせい〟と納得していますが、ちょっと残念。

ランニングにはまったく影響しない見た目の問題なのであまり気になりませんが、気にする人にとっては大きなマイナスポイントかもしれません。

 

最後に

Marmotトレイルウインドフーディーの印象はどうでしたか?

個人的にとても気に入っているウインドジャケットなので、いいところばかり目立つレビューになってしまいました。笑

これが実際に使用した素直な感想です。

 

撥水性能や素材の痛み具合に関しては使用頻度によるかと思いますが、走りやすさは抜群です!

使用頻度と所有する枚数のバランスを考えて、新しいウインドジャケット購入をただいま検討中。

購入したら紹介しますので、そのときはぜひ参考にしてくださいね!

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

そのほかのウインドジャケットはこちら

防風、透湿が超優秀!肌寒い日はウインドジャケットで快適ランニング♪

2017.01.26

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です