受け身は日常的に役立ちます、受け身を覚えれば柔道の授業も安心です

 

こんにちは^^

4月が今日からスタートです、新学期を新しいクラスで迎える子供達にもいい出会いがあるといいですね




つい先日中学に進学する子のお母さんと柔道の話になったのですが

どうやら中学で柔道の授業があるらしく心配していました、たしかに柔道に怪我はつきものなのですがちょっと過剰に心配しすぎているお母さんがいるようです

今回はそんな柔道の授業が心配なお母さん達へ柔道の受け身の重要性についてお伝えします

少しでもお母さん達の心配が解消されれば嬉しく思います、よかったらお付き合いください

受け身は身体を守るため

お母さんにとって柔道はどうやら危険なイメージばかり先行しているようですが、最初からとっ組み合って投げ合うようなことは絶対にありませんのでどうか安心してください

まずはひたすら『受け身』の練習です

受け身は投げられた時や転ばされた時に畳をタイミングよく叩くことで体に伝わる衝撃を分散しショックを和らげる効果があります

受け身を正しく取らなければ衝撃が分散されません、一番最初に畳に着いた部分へ衝撃が集中してしまいます

体全体で衝撃を受け止めるイメージが大事です

投げられる時に怖がって変な体勢で畳へ着いてしまうとその部分を痛める可能性があります

また手の着き方もとても大事です、不慣れな人は投げられる最中に畳に手を着こうとします

体より先に畳へ手を着いてしまうのが一番危険です、不安定に手を着いたところへ後から体重が乗ってしまいます

その場合、不安定に着いた手で体重を支えることは無理ですので肩や肘を痛めてしまいます

これは無意識的に体が反応してしまうので何度も反復練習して体に叩き込むしかありません

逆に体が覚えてしまえば無理に手を着こうとしたり、怖がって体を丸めたりしなくなります

不思議なことにいつの間にか無意識的に受け身を取るようになるものなのです

受け身は大事な頭を守るため

普通の骨折はどんなスポーツでも日常的に起こり得ます、何も柔道に限ったことではありません

遊んでいても骨折する子はいますし、部位によっては骨折することでさらに強くなるらしいので悪いことばかりじゃありません

しかし頭となれば話は別です、頭は打ち所によってその後の生活に影響を与える可能性があります

頭を打ちやすいスポーツとなると柔道はその可能性がかなり高いと言えます、ラグビーもそうですよね

投げられるだけでなく真後ろへ倒される頻度が高いのでその時に頭が畳に着かぬよう、倒れる瞬間に顎を引くことを強く意識した受け身の反復練習を繰り返して体に叩き込みます

そうすることでいつの間にか無意識的に倒れる瞬間顎を引いて頭を守り、体全体で衝撃を受け止め衝撃を分散することで怪我を防ぐ受け身ができるようになります




受け身は接触事故にも役立ちます

柔道においては一番大事な基本となる受け身ですが、私は普段の生活や遊びでもかなり助けられてます

それは自転車で通勤していた時です

横から自転車で飛び出してきた高校生と接触した時、運悪く前輪が完全にロックしてしまいそのまま体がクルッと一回転!

背中から地面に叩きつけられました、一瞬の出来事なので頭で考える余裕なんて全くありません

それでも怪我ひとつすることなく、かかとを強く打った程度で済みました

運が良かっただけかもしれませんが、間違いなく顎は引いていましたので無意識的に受け身を取り頭を守ろうとしたのです

受け身を時には遊びでも

スノーボードをやったことのあるお母さんなら分かるかと思いますが、受け身の練習しましたよね

私も20歳前後の時はよく行きましたが、最初の頃は転がりに行ってるのかっていうぐらい転んでました^^

前へ後ろへ結構な勢いで転びます、頭を強く打ってレスキューのお世話になっている人を見かけた人もいるかと思います

そこでも受け身を取るのと取らないのとではダメージが全然違います

転ぶ頻度の高い遊びやスポーツに受け身はとても役に立つのです

最後に

柔道の授業に心配してしまうお母さんお気持ちは子供を持つ親としてよく分かります

柔道聞くと野蛮に人を投げ飛ばす、そんなイメージを持つ人もいるかもしれません

もし頭から落ちたら… もし怪我したら…

そんな心配もいりません、中学生で相手を頭から落とせるぐらいパワフルな子はそうそういませんよ

それに学校も教師も怪我と事故には十分すぎるぐらい注意しています

そんな心配より授業を通じてあらゆる場面で役立つ可能性のある受け身を体験できるいい機会だと考えてみてはどうでしょうか?

もしかしたら受け身のおかげで怪我を防げて良かった、そう思える日が来るかもしれませんよ

少しでも柔道が危険ばかりでないことが伝わったなら嬉しく思います

最後までお付合いいただきありがとうございました m(_ _)m 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です