ジョギングは時間を目安に、最初は距離より時間ですよ♪

こんにちは^^

みなさんジョギングを始める時に目標を決めますよね、もちろん私も気分によって走るコースは違います。

『あの公園まで行って往復しよう』とか『まずは5キロ走るぞ!』

なかには意気込んでつい頑張りすぎてしまう人もいますよね。
私もすぐやりすぎてしまうのでその気持ちよく分かります。

そんな時はちょっと一呼吸おいてみましょう、初心者の方は自分のペースを掴むまでは距離を目標とするのではなく時間を目標として走ることをおすすめします、走る時間を目標とするのが結果的に長い距離を走れるようになれますよ。

スポンサーリンク

まず最初は距離より時間を考えて

決して距離を目標にするのに反対しているのではありません、走るには目標がなくては走りにくいですからね。
しかしジョギングに体が慣れていないうちから距離を目標にするのはおすすめできません。

なぜ距離より時間なのでしょう?

  • 達成できなかた時のメンタルダメージ
  • 距離を気にしてペースが乱れる
  • 体力不足による強い疲労感
  • 無理をして踵・膝・腰など体を痛める

このようなリスクが伴います、体を痛めてしまっては元も子もありません、ジョギングを楽しめなくなってしまいます。

時間を目標にするメリット① 自分のペースを知る

まず距離を気にしなくていいので自分のペースを保てます、『あそこまで行かなくては!』こんな風に思う必要もありません。
まずは自分の走りやすいペースと時間で『どれくらい走れるのか?』を知ることです。
ある程度の期間自分のペースで時間を目標に走っていると、同じ時間走っているのに自然と距離が伸びてることに気がつくはずです。

時間を目標にするメリット② 走ることに体が慣れる

時間を目標としたペースで走ることで無理なく基礎体力が上昇します、つまり『体が走ることに慣れる』ということです。
体が慣れれば走りの質も自然と上がりますので体力不足による疲労感を感じることも少なくなります、疲れが後に残らなければ次回の走りにも期待ができますね。

時間を目標にするメリット③ 目標を達成できる

時間を目標とすれば無理をしなくて済みます。
ゆっくりペース決めた時間走ることを目標としてもキツい時はキツい…
そんな時は無理せずにキツくなくなるまでペースと落としてしまえばいいのです、場合によってはウォーキング程度までペースを落としてでも目標時間まで走りきることができればそれで十分目標達成ですよ。
早く走るよりもラクに走ることが目標を達成する近道です。

時間を目標にするメリット④ 無理のないスケジュール管理ができる

誰でも日々のスケジュールによって走れる時間は限られています、その限られた時間で無理をすると疲労感からその後のスケジュールに影響が出かねません、限られた時間を自分のペースで走れば疲労感を後に引きずることはありませんので日々のスケジュールにジョギングをを取り入れやすくなります。

最後に

私は慣れないうちから距離を目標としてツラく苦しい思いをしましたが、途中から時間を目標とすると気持ちの部分での負担が大幅に軽減されたのを今でも覚えています、ジョギングに対して気負いするどころかむしろ気楽に楽しく取り組めるようになっていきました。
そして無理なく楽しむことができれば自然と走れる時間も長くなり、さらに長い時間に挑戦したくなっていきましたね^^

まず10分、10分に慣れたら

次は15分、その次25分30分〜35分

少しずつでいいんです、毎日少しずつ今の自分』ができるだけでいいんです。
まずは時間を目標としてその目標を達成し続けることに挑戦してみてください、そうすればいつの間にか走れる体になっていますよ♪

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました m(_ _)m 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です