子供と釣り堀りを静岡の自然豊かな朝霧高原で楽しもう!

こんにちは^^

お父さんたちは春のレジャーやGWを家族で楽しもうと色んな計画を練っている最中ですよね。

今回はそんなお父さん達も一緒になって子供達と楽しめる釣り堀をご紹介しますのでぜひ検討してみてください。

釣り堀って聞くとどんなイメージですか?

鯉とか鮒の釣り堀をイメージする方も多いかもしれません、その手の釣り堀もとても面白いのですがちょっと違います。

これから紹介する釣り堀は富士山の麓、緑の自然豊かな朝霧高原にある富士養鱒場というニジマスの釣り堀です。

緑豊かな自然の中、透き通る綺麗な水の中を泳ぐ魚を見ているだけでも楽しいものです、そのうえ子供でも絶対に釣れる釣りは家族で盛り上がること間違いありません、釣りをしたことがない子供やお母さんの初チャレンジにはもってこいですよ!

スポンサーリンク

高い透明度を誇る川

DSCN0861DSCN0860

ここ富士養鱒場はこんな感じで見渡す限り自然が溢れています、そしてこの水は見ての通り非常に透明度が高く泳いでいる魚はもちろん川の底までよく見えるほどです。

この釣り堀は芝川という川の支流の一部をそのまま使用しています、芝川は富士山麓の猪之頭湧水群を水源とする湧水なのでとても綺麗に透き通っています、釣りだけでなくこの綺麗な水を見るだけでとても清々しい気持ちになります。

釣り料金と注意事項

景色を堪能したらいよいよ本来の目的の釣りですが、その前に釣りの料金と注意事項を説明しますね

釣り料金

  • 釣り料金:一竿(餌込み) ¥1,700
  • 魚持帰り:1kgまで料金に含む、それ以上は100gにつき+¥120
  • 時間制限:なし

使用上の注意事項

  • 釣れた魚はリリース禁止なので専用の篭に入れてください
  • 餌の練り餌の追加はありません
  • 釣り針には返しはありませんが十分注意してください
  • 釣り場には柵などありません、小さなお子さんは川に落ちないよう親御さんが必ず付き添って下さい

基本的には貸し竿料金に全て含まれます、おおよその目安として魚1kgは約3匹程度です。
餌は十分にあるので心配いりません、お子さんの年齢と人数にもよりますが二人で1竿あれば十分楽しめると思います、1竿につき魚が1kgですから家族4人だとすると結構な量になってしまってしまいますからね^^

魚の引きに子供も大人も大興奮

さあいよいよ釣りです!決められた範囲内であればどこでもOKなので魚の居場所を探しながら好きな場所で楽しみます

DSCN0862 DSC_0008

この日は平日の朝というのもありこのように自由に動き回れて最高でしたが休日は家族連れで賑わいますので周りの迷惑とならないように注意が必要です。
実は魚を釣るのにちょっとだけコツが必要なので最初は難しいかもしれませんが慣れてコツさえ掴めば間違いなく子供でも簡単に釣ることができます、このちょっとの難しさが子供にはちょうど良くて夢中になってしまいますよ^^

DSC_0009 DSCN0865

これがニジマスです、この魚の結構な引きに息子は大興奮、夢中になってやっと魚を釣り上げた時には大喜びでした^^
釣った魚は受付のスタッフの方が内臓を取り除いて綺麗にしてくれますので帰ったら簡単な手間だけですぐに食べられます、川魚なので刺身はオススメしませんが塩焼き・唐揚げ・ムニエルなどニジマスはどんな調理方法でも美味しいのも嬉しいですね

ちなみに我が家は唐揚げとムニエルで美味しくいただきました^^

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?
釣り堀とはいえ、豊かな緑の自然と透き通る綺麗な川での釣りは子供だけでなく大人も十分に楽しめること間違いありません。

また、富士養鱒場は多くの魚の養殖と研究をしていますので子供達の夏休みの自由研究としてもとても参考になると思います、釣り堀以外の場所で魚に直接餌をあげて楽しむこともできるし、珍しいニジマスの突然変異種はここでしか見られません。

ぜひ、朝霧高原方面へ遊びに来た時は富士養鱒場のニジマス釣りにチャレンジしてみてください

最高に楽しめること間違いなしです!

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました m(_ _)m

富士養鱒場へのアクセス

お問合せ先

静岡県水産技術研究所 富士養鱒場
〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭579-2
電話番号:0544-52-0311 FAX:0544-52-0312

以下画像:富士養鱒場HPより引用

スクリーンショット 2016-04-08 14.59.46 スクリーンショット 2016-04-08 15.21.25

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です