少年野球のメリットと魅力を伝えます、キャッチボールは親子の会話

こんにちは^^

突然ですが、少年野球って最高ですよねっ!

高校野球はもちろん最高ですが、それよりも小学生の少年野球が大好きなんです

そんな少年野球の魅力はもちろんですが、子供の成長に欠かせない習い事のひとつとしてメリットをお伝えします

ぜひお付き合いください^^

スポンサーリンク

馴染めなかったサッカー

最近の小学生は習い事が当たり前の時代ですね

塾に公文、ピアノに習字、スポーツ全般どんな習い事も多くの学びがあるのは間違いありません

息子は小学2年生から野球を始めました

最初はサッカーに興味を持ったのでやってみましたが、どうにも馴染めなかったようです

指導者と全く合わなかったのが一つの原因です

息子が通ったサッカーチームは運動神経のいい子と悪い子では明らかに指導の仕方が違いました

息子は後者寄りだったのもあり、練習を嫌がるようになったので辞めることにしたのです

しかし親としては、運動習慣を身につけて体を動かす喜びと楽しさを知って欲しい

そう思い息子と何にチャレンジしようか迷っているところ出会ったのが野球でした

 

少年野球はメリット盛りだくさん

私は野球の経験はありません、ルールもよくわかりません^^

そんな親子が最初に少年野球チームに体験に行った時、コワモテのコーチが近寄ってきて

『僕は子供が大好きです、子供に野球を教えるのが生きがいです』

コワモテのおじさんがものすごい笑顔で言うもんだから正直ビビりましたが、その言葉に嘘はありませんでした

そのコーチには心から感謝してます、とてもいい出会いがありました

それからというもの息子は野球の体験練習に積極的に行きたがるようになり、そのまま正式に入団することとなりました

野球の素晴らしさのひとつとして、プレーのひとつひとつでその都度褒めてもらえるところが挙げられます

ボールを取れば『ナイスキャッチ!』

上手に投げれれば『ナイスボール!』

バットに当たれば『ナイスバッティング!』

もちろん叱られることもありますが、コーチは失敗の理由や具体的な改善点の説明を怠りません

何がどういけないのか? どうすれば良くなるのかを指摘された子供は納得して次に挑戦します

そしてできなかったことができるようになった時、子供は成功体験を実感することで自信を持てる

私は息子を見ていてそのように思いました

サッカーでは劣等生だったけど、野球のおかげでソフトボール投げでは学年で1番になれました

息子が自慢げに話してくれたのを私は忘れません

何よりチームメイトという友達ができるのは子供達にとって最高の嬉しさと楽しみなのだと思います

スポンサーリンク

魅力的な少年野球

前述しましたが、私は野球の経験はありません

そんな私でも息子が野球を始めてから野球少年達の虜になりました

野球は筋書きのないドラマとはよく言いますが、それは決して完成された野球だけではありません

むしろ少年野球こそ『笑いあり、涙あり』まさにドラマチックで感動的です

上級生が下級生に厳しくも優しく野球を教え、その上級生の試合となれば下級生は必死に応援します

それは年齢を超えた子供達の絆とも言えます、まさにチームメイトです

厳しい練習を共にしたチームメイトが必死に戦っている姿を見る目は子供も大人も関係ありません

少しのミスが失点につながってしまうのが少年野球、仲間のエラーを

『ドンマイ!大丈夫だよ、切り替えよう!』

このように励ます姿は本当に美しい

ストライクが入らなくて苦しむピッチャーへ常にチームメイトから励ましの声が響きます

そしていざ得点のチャンスとあらば子供達は自然とヒートアップ!

『チャーンスだっ! 振ーり抜けっ! かーっとばせっ!!』

少年野球名物の『応援歌』がグランドに響きます

そしてチャンスを物にした時、喜びの笑顔で迎えるチームメイトのハイタッチ!

もうなんとも言えないシーンです

そして惜しくも負けた時こそ子供達の個性が出る瞬間です

悔しくて涙を流す子、自分のせいと自分を責める子、そして平気な顔で笑ってる子(笑)

悔しさはみんな同じだけど、どの子もとても美しい

 

最後に

どのチームもお父さんだけでなく、お母さんたちも夢中になって必死で応援してます

少年野球と聞くと

『親が大変・人間関係が面倒くさい・土日が潰れる』

このような声がよく聞こえてきます、確かに大変なことも面倒なこともあります

しかしそれを差し引いても余りある楽しみと感動を経験できるのも間違いありません

どうかマイナス面だけでなくプラスの面も見てみてください

そして日頃お仕事で子供と遊ぶ時間に限りがあるお父さん

キャッチボールは親子の最高のコミュニケーションです!

言葉のいらない会話とも言えます、私は少ない時間でこれほど充実した親子の時間を他に知りません

おそらくどの地域でも河川敷や小学校で練習や試合をやっていると思いますので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがですか?

子供と一緒に感動を味わえるいい機会だと思いますよ

ここまで読んでいただきありがとうございました m(_ _)m

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です